エクステリアの設計と設計施工をお考えの方へ、上質な提案でお客様から高い支持を頂いているTAKEIへお問い合わせ下さい。

邸宅別施工例

山梨-甲府市-H邸


 

施工前

 

施工後

■ご要望
建物に合ったモダンでクールな外構にして欲しい。
コンクリートが好き。
creative design TAKEIのモデルガーデンの設計と似た感じにして欲しい。


■テーマ・見どころ
コンクリートが好きというご要望でしたので、デザインWALLとアプローチをRC(コンクリート)で仕上げてあります。
RCのWALLは2枚を組併せ、1枚は開口部を設け、一部を「武井泄月袴オリジナルデザインビシャン」
で仕上げました。もう1枚は、L字形に折り、開口部に差し込むように配置してあります。
又、ライティングの透け感を出す為に、空洞ブロックを起用する等、重厚感を感じるRC素材でありながらも
重くなり過ぎない配慮が感じられるデザインとなっています。
立体的なデザインWALLは、どこから見ても全て違った印象ですので、夜もライティングの印象に変化があり
帰宅する家人を楽しく出迎えることでしょう。当然、地域の景観づくりにもひと役買っていることは言うまでもありません。
アプローチには、RCキューブを役物的にアクセントとして起用した結果、コンクリートだけでは寂しい印象が
ワンランクアップした仕上がりになりました。更に、「武井泄月袴オリジナルデザインビシャン」をアプローチと
駐車場にも起用することで、WALLと共にバランスのとれた設計となっています。
表札は敢えてデザイナーズっぽく、小さ目のカッチリとしたフォントで仕上げ、縦に配置しました。
RCの打ち放しの場合、ピーコンの穴の位置は、デザインの良し悪しに関わりますので、その指示も必須です。

■デザイナーから一言
RCの打ち放しは大変難しい施工です。
RCの打ち放しでは普通やらないピン角(直角で面をとらない施工)で仕上げることに決定した理由は
シャープに仕上げたい一心でした。自信がない職人を奮起させながら失敗を承知で何とか施工してもらいました。
ですから、型枠をバラす(はずす)迄は、ドキドキでしたね。笑
今回のように開口部を設けることも、施工上は難しく大変手間のかかる仕事でした。
精算時に職人からかなりの金額が請求され、痛い思い出になりました。それでも
なんとか無事お引き渡しができ、ホッとした思い出深い現場です。

エクステリアの設計でお悩みの方は、TAKEIのコンセプトをご覧下さい。
エクステリアデザイナー武井泄月袴
エクステリアの設計などの料金プラン
プロデュースします。
プロモーション
社会貢献活動
エクステリアの設計施工エリア